Fromm理論にみる日本

講師:長川 歩美(A&C中之島心理オフィス)

日時


2018年8月4日(土) 18:00~20:30

料金・定員


料金:全1回 一般:3,000円、学生:2,000円

 

定員:8名程度

 対人関係論のファウンダーの一人であるエーリッヒ・フロムの後期理論は,現代的な貢献可能性が注目されています。精神分析家、社会学者としてナチス台頭の心理的メカニズムを解いたフロムは、代表作の一つ『愛するということ』(1956)を出版した翌年に、世界的な日本の仏教哲学者、鈴木大拙と共同セミナーを開き、共著『禅と精神分析』(1957)を出版しました。敗戦後に再渡米し日本の禅を紹介した大拙と、ナチスからの迫害を体験し、大拙に何かを求めて問いをぶつけたフロム。大拙は禅の、フロムは精神分析の立場から「生きることの意味」を考え、そのエッセンスを論じています。

 この時間では、フロムと大拙の出会いを紹介しながら、フロムの理論および対人関係論に日本の禅がどのように影響し活かされたか、というトピックに絞って考察します。私たちが日々模索する臨床観へのヒントを得ることができればと思っています。

 

会場


住所:大阪市西区江戸堀1-17-16 肥後橋INAビル6F

当初予定されていたA&C中之島心理オフィスより南に徒歩3分、土佐堀通り沿いのビルになります。

 

恐れ入りますが、セミナー開始の10分前、17時50分よりご入室いただけます.

当日、 開講時間までのご連絡方法は、電話またはメールとなります。

連絡先につきましては、受講申し込み後にご連絡いたします。