セミナー・プラス⑦

こころの出会い(Lewis Aron):精神分析における相互性について

 

講師


横井 公一(微風会 浜寺病院)

 関係精神分析の理論家ルイス・アロン(Lewis Aron)の著書「こころの出会い A Meeting of Minds」について学びます。ルイス・アロンはスティーヴン・ミッチェルの亡き後、国際関係精神分析学会の初代会長となり、関係精神分析を牽引してきた理論家です。アロンは「相互性 mutuality」という概念を軸にして、関係精神分析の理論と技法を探求しました。惜しくも本年2月28日に他界されましたが、このセミナーではアロンの精神分析における「相互性」の考え方について講義します。

日時


2019年11月30日(土)

17:00~20:00

料金


一般:3,000円

学生:2,000円

定員


10名

会場


阪急淡路駅周辺(大阪市内)

受講申込方法


セミナー・プラス⑤・⑦受講申込フォームからお申し込みください。