新型コロナウイルスの影響によるセミナー開催に関する変更について

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、政府および厚生労働省より、「新型コロナウイルス感染症対策基本方針」をはじめとするガイドラインが発表されています。それによりますと、密閉された屋内の集会において、一定数以上が密集した状態で、一定時間以上同席することが、感染のリスクを高めるため、そのような状況が生じないように十分な工夫を講じる必要があるとされています。

また、4月7日に政府より緊急事態宣言が出され、近畿地方では大阪府、兵庫県が対象となり、京都府もそれに準ずる対応を取ることを発表しています。それを受け、KIPP対人関係精神分析セミナーは、当面の間、講義部分のみのweb配信に切り替えることにします。web配信の時間帯は、10:30~13:00を予定しております。詳しい配信方法などは、申し込まれた皆さまに別途お知らせいたします。時間を短縮し、講義部分のみのweb配信と、開催方法を変更しましたので、受講料は、1回3,000円とさせていただきます。また、セミナー時間の短縮に伴い、臨床心理士のポイントの申請は行えなくなりますので、ご了承ください。ただし、状況が好転し、会場での開催が可能になった場合には、会場でも開催することがあるかもしれません。その際は、改めてホームページ上にてご案内いたします。

このような方針でセミナー実施の準備を進めていますが、その時期の状況により、やむを得ず開催方法の変更や、開催日時の変更、延期、もしくはセミナーを中止する可能性がございますことを、予めご了承ください。その場合、お申し込みいただいた皆様へは、できるだけ速やかにご連絡し、同時にホームページに情報を掲載しますので、ご確認いただければ幸いです。

恐れ入りますが、以上をご理解いただき、皆様におかれましても何卒ご自愛いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

2020年度KIPP対人関係精神分析セミナー


2020年度テーマ

「かかわること、遊ぶこと、抱えること」

第1回

森有正との対話の試み

講師:鑪 幹八郎(ふたばの里精神分析研究室)

指定討論者:鈴木 健一(名古屋大学学生支援センター)

日程:延期となりました。決定次第、改めてご案内いたします。

第2回

ウィニコットの『遊ぶこと』について考える

講師:上田 勝久(兵庫教育大学)

日程:2020年7月19 日(日) 10:30-13:00

第3回

児童・思春期のセラピーグループで『かかわること』『遊ぶこと』『抱えること』

講師:西村 馨(国際基督教大学)

発達障害児と保護者に対するグループセラピー

講師:川畑 直人(京都文教大学)

日程:2020年10月18日(日) 10:30-13:00

第4回

精神分析的ジェンダー論への序章-ジェシカ・ベンジャミンを中心に

講師:北村 婦美(東洞院心理療法オフィス/太子診療所)

日程:2020年11月15日(日) 10:30-13:00

第5回

精神分析的治療関係のはじまりと展開

講師:中村 留貴子(千駄ヶ谷心理センター)

日程:2020年12月20日(日) 10:30-13:00

第6回

かかわること、そして、かかわらないこと

講師:吾妻 壮(上智大学)

日程:2021年2月21日(日) 10:30-13:00

受講料


参加区分

各回

 一般 3,000円

学生・修士卒後5年以内

3,000円

申込方法


申込方法は、申込要項をご確認ください