第6回

日程:2020年2月23日(日)

会場:未定

精神分析的セラピーにおける発達論的視点について

 

講師:吾妻 壮



精神分析的セラピーにおいて、発達論的観点は大変重要である。患者の発達歴をよく知ることの臨床的重要性はもちろんのこと、理論的にも、発達論は精神分析的アプローチの骨子である。しかし立ち止まって考えてみると、現在の問題に対処するのに過去に遡ることの必要性は決して自明ではない。本セミナーでは、そもそもなぜ発達論が登場する必要があるのか、そしてその意義はどこにあるのかということについて考えてみたい。その上で、その方法について概観することを考えている。

 

★参考テキスト

吾妻壮著(2018)『精神分析的アプローチの理解と実践―アセスメントから介入の技術まで』岩崎学術出版社