第1回

日時2021年5月16日(日) 10:30-16:30

ルイス・アロンの「こころの出会い」


講 師 横井 公一(微風会浜寺病院)


対人関係学派および関係精神分析は、二者心理学といわれるように、精神分析状況のなかでの2者の出会いを治療作用の重要な契機と考えている。本講義では、ルイス・アロンの著書「こころの出会い」(1996年)をもとにして、ひとつのこころ(主観性)ともうひとつのこころ(主観性)は精神分析という状況のなかでどのようにして出会うのか、そしてその出会いから生じる分析的変化の諸様相はどのように体験されるのかを、アロンのいう相互性という概念をもとに描き出すことを試みてみたい。

 

参考文献:アロン著 横井監訳『こころの出会い』(金剛出版) 


お申し込みは、申込要項をご確認ください。